競技パズルのすすめ

 競技パズルの基礎知識と、オンラインコンテストを開催しているサイトを紹介します。後者については、各サイトの利用の仕方(登録方法・参加方法)についても記載してあります。

f:id:citizen_puzzle:20181204204539j:plain

目次

1. はじめに

競技パズルって何?

 まず、競技パズルとはどのようなものなのかについて説明します。
 ここでいうパズルとは、数独(ナンプレ)やイラストロジックといった紙と鉛筆で解くペンシルパズルのことを指します。本屋の雑誌コーナーに並んでいるパズルや週末の新聞に載っているパズルを思い浮かべていただければと思います。
 そして、競技パズルとは、出題されるペンシルパズルを決まった制限時間の中でできるだけ多く解き、得点を競う競技です。大きく分けて、Sudoku部門(数独)Puzzle部門(数独以外のパズル)があります。また、このような大会のことをコンテストと呼びます。
 コンテストには、会場に赴いて参加するオンサイトコンテストと、PCから参加するオンラインコンテストがあります。
 オンサイトコンテストの代表例は、年に一度開催される世界大会です。2018年11月には第13回世界ナンプレ選手権、第27回世界パズル選手権がチェコプラハで開催され、各国の予選を勝ち上がった計34ヵ国、計350人以上の競技パズラーが参加しました。選手は数日の間、朝から夕方までパズルを解き続けます。質の高いパズルがこれでもかというほど繰り出されることと、他国の選手との親睦が深まること、世界のトップ選手の解く様子を間近で見られるという点で、一度出場したらまた参加したくなるようなパズルの祭典です。
 下の画像は今年の世界大会の様子です( https://www.facebook.com/jppuzzles/ )。 f:id:citizen_puzzle:20181204204730j:plain  一方、オンラインコンテストは、世界大会の予選、腕試し、日々の練習として開催されるものです。世界各国のパズル連盟や有志のパズラーが数々のオンラインコンテストサイトを運営しています。オンサイトのコンテストと違って、PCとプリンターさえあれば、日本にいながら世界中のコンテストサイトにアクセスし参加できます。
 今回は、オンラインコンテストサイトについて、いくつかの例と利用の仕方を紹介していきます。

パズルコンテストにはどんな系列があるの?

 世界中で開催されているパズルコンテストですが、大きく分けて3つの系列があります。

① WSC, WPC (World Sudoku/Puzzle Championship)

 もっとも大きなコンテストは、オンサイトコンテストのWSC, WPC (世界大会)です。約30か国で別々の予選が行われており、選抜された4名の選手がチームを組んで出場します。個人戦と国別対抗戦が行われ、その年のチャンピオンが決まる大会です。日本では6月ごろに一発勝負のオンライン予選が行われ、代表選手4名、サブチーム4名の計8名が選抜されるのが恒例となっています。世界各国の予選ですが、その国以外の国籍の人も参加できるものがほとんどです。日本代表選手の多くが腕試しとして参加しています。

② GP

 もう一つ大きな大会にGP(数独グランプリ、パズルグランプリ)があります。こちらは個人のグランプリを決める大会です。毎年1月から8月にかけて、月に1回計8回の予選が行われます。問題は8か国が順番に出題し、総合成績によって予選順位が決まります。そして、予選上位10名の選手がオンサイト決勝大会(プレーオフ)への出場権を得ることができます。決勝大会はWSC, WPCの期間中に同じ会場で行われますが、完全に独立した大会です。こちらはチームという概念がないため、同じ国から何人でも出場することができます。

③ その他のファンコンテスト

 二つの世界大会の他に、有志によるコンテストが多数実施されています。作家のアイデアを競うという側面もあり、個性的な問題が揃っています。非常に多くの種類があるので、今回紹介するサイトをのぞいてみてください。日本では、定期的に出題されるコンテストページはまだありませんが、最近はTwitterを利用したオンラインコンテストが多数開催されていますし、年に数回オンサイトコンテストが東京で開催されています。

2. オンラインコンテストの基本

 コンテストサイトの紹介に入る前に、オンラインコンテストのイメージを掴んでおきましょう。

オンラインコンテストの流れ

 オンラインコンテストが具体的にどう実施されるか、ざっくり説明します。サイトごとに微妙に違うので、詳しくは紹介記事を参照してください。

  1. オンラインコンテストが実施されることが告知されます。
  2. 大会の1週間ほど前に、インストラクションが公開されます。インストラクションには、その大会で出題されるパズルの種類と点数、また解答の送信方法などが記載されています。大会中にルールを確認する時間はもったいないため、事前に全ての内容を読み込んでおきましょう。
  3. インストラクションと同時に、問題ファイルが公開されます。ただし、パスワードがかかっており、事前に開くことはできません。
  4. 開催期間になると、参加ページが公開されます。多くの場合Startボタンがあるので、押すと問題ファイルのパスワードが表示されます。同時にタイマーがスタートします。
  5. パスワードを使って問題ファイルを開き、印刷します。
  6. 印刷したパズルを鉛筆などで解きます。
  7. パズルを解き終わると、アンサーキー(後述)が分かります。これをアンサーキー入力用ページに入力し、送信ボタンを押すと解答が記録されます。
  8. 制限時間内に解ける限りのパズルを解き、アンサーキーを送信します。
  9. 制限時間を過ぎると、解答を送信できなくなります。
  10. 結果発表を待ちます。解き残した問題を解いたりして、余韻に浸ります。
  11. 開催期間が終わって数日後、結果発表が行われます。順位表を見て、一喜一憂します。

用語集

 先ほど出てきた言葉も含めて、競技パズルの世界でよく使われる用語を整理します。

  • S:コンテストのうち、数独が出題される部門のことです。誰かが「今週末はSの大会があるよー」と言っていた場合は、数独部門の大会があることを意味します。S部門では、9×9の普通のルールで解く問題のほか、対角線にも1から9までの数字が入るなど、通常ルール+追加ルールで解く問題も数多く出題されます。
  • P:コンテストのうち、数独以外のパズルが出題される部門のことです。P部門では、数字を埋めるパズル、マスを塗るパズル、ループを作るパズルなど多種多様なパズルを解くことになります。
  • アンサーキー:コンテスト中、問題が解けた時に運営側に提出する解答盤面の一部のことです。問題が解けたかどうかは、このアンサーキーが正しいかどうかによって判定されます。入力ミスで得点を逃すのは勿体ないので、制限時間が終わる前に間違いがないかしっかりチェックしましょう。
  • インストラクション:コンテスト開催期間の前に公開される、出題される問題の種類や配点が載っているファイルのことです。会話の中では「インスト」と略すこともあります。一通り目を通して、見たことのないパズルについては、例題を解いてコツをつかんでおくことが重要です。
  • 誤答:パズルが全て解けているのに、何かがわずかに間違っていることです。例えばアンサーキーを打ち間違えたり、一マス塗り忘れていたり。誤答をするとその問題の得点が0点になり、基本的に救済措置はありません。パズラーの敵。気を付けましょう。
  • フィニッシュ:コンテストの全ての問題を制限時間以内に解き終わることです。大抵のコンテストの場合、残り時間に応じてボーナス点が加算されます。

3. 紹介するコンテストサイト一覧と記事のリンク

GP予選

WPF SUDOKU / PUZZLE GRAND PRIX (SGP / PGP) ※12/20 記事公開

 世界規模の年間コンテストサイトです。

大規模コンテストサイト

Logic Masters India (LMI) ※12/6 記事公開

 初心者から上級者まで楽しめる多種多様なコンテストサイトです。

Logic Masters Deutschland (LMD) ※12/13 記事公開

 世界最大規模のパズル投稿サイトです。

国内予選

UKSC / UKPC (イギリス予選) ※1/10 記事公開

 初心者~中級者向けの予選です。

USPC / USSQ (アメリカ・カナダ・イタリア予選) ※1/17 記事公開

 夜更かしが苦にならない上級者向けの予選です。

WSC / WPC選抜大会 (日本予選)

 毎年6月頃に開催される日本予選です。

  • 日本パズル連盟(JPF)リンク:JPF
  • 紹介記事:WSC/WPC選抜大会のすすめ

日々の単問練習コンテストサイト

Fed-SuDoKu ※12/27 記事公開

 中級者~上級者向けの日・週替わり数独サイトです。

SudokuCup ※1/3 記事公開

 初心者向けの問題も出題される日替わり数独サイトです。

CrocoPuzzle

 日替わりパズルサイトです。

4. コンテストに参加する上での注意事項

 最後に、全てのオンラインコンテストに共通するマナーについて説明します。

1. 複数のアカウントを使って同一のコンテストに2回以上参加しない。
2. コンテスト中に他人・ソルバーの力を借りて解答しない。
→ いずれも失格扱いになります。開催者の善意を踏みにじる行為です。絶対にしないようにしましょう。

3. コンテスト期間中は、自分の参加が終わっていても問題や自分の得点に関する情報を発信しない。
→ まだ解いていない人の楽しみを奪ってしまうことになります。また、コンテストの難易度を類推できるような発言をすると、競技の公平性が保てなくなってしまいます。

 以上のマナーを守り、パズラーシップに則ってコンテストを楽しみましょう!

5. おわりに

 ここまで、競技パズルとオンラインコンテストサイトについて紹介してきました。今まで競技パズルを知らなかった方、知ってはいたけれどどういうコンテストがあるのか、どうすればコンテストに参加できるかわからなかったという方が一歩踏み出すきっかけになれば幸いです。

6. 文責

 白岡市民 (Twitter:Whitehill9)
 panista

7. 追記

 長文になりましたが、最後まで読んでくださりありがとうございます。
 「日本の予選は?」「なんでCrocoがないんだ」「オンサイトコンテストも紹介してほしい」といった要望には順次お応えしていきたいと思っておりますので、本記事のコメント・白岡市民のTwitter(Whitehill9)のどちらかにご連絡ください。来年2月くらいから本格的に取り組む予定です。(白岡市民)

USPC/USSQのすすめ


 US Puzzle and Sudoku Chamionships (USPC/USSQ) の利用の仕方 (登録方法・参加方法等) について紹介します。
 USPC/USSQリンク:http://wpc.puzzles.com/

f:id:citizen_puzzle:20181204215107p:plain

目次

1. 概要

 アメリカのパズル連盟のサイトです。年に一度、6月ごろにアメリカ代表を決めるU.S. Puzzle Championship(USPC)(パズル)とU.S. Sudoku Qualifier(USSQ)(数独)が開催されます。(同じ大会でカナダとイタリアの代表も同時に選抜されます。)日本の選抜大会と同様、リアルタイムでしか参加できないシステムです。ところが、時差の影響で日本での開始時刻は深夜2時になります(制限時間は2時間半)。よほど記録に残したいという熱意がない限り、過去問の閲覧にとどめておくのが無難です。個人的な感想ですが、世界各国の予選のなかで最も難易度が高い大会の一つかと思います。全問正解者も基本的には出ません。(最近は日本予選の方が難しくなってきていますが…)
 ちなみに、毎年ニコリが数問問題を提供しています。

2. 登録方法

 登録することで、大会へのリアルタイムでの参加、および、2010年以降のUSPCと2011年以降のUSSQの過去問が閲覧できるようになります。1999年-2009年のUSPCと2010年のUSSQの過去問の閲覧には登録は必要ありません。
 手順は以下の通りです。

① トップページの "Comprtition Links" から、適当な大会をクリックします。ここでは、2018 U.S. Puzzle Championshipを選びます。
② 右にある "Account Registration" をクリックします。

f:id:citizen_puzzle:20181204215104p:plain

③ 登録ページに移ります。表記はありませんが、(*)で注記したところが必須項目となります。
 住所以下は主にアメリカ人用の欄です。記入する必要はありません。
 名前と苗字は、本名で登録するのがマナーとなっています。
 登録したメールアドレスには、大会の予告と、リアルタイムで参加した際の結果確認メールが送られるようになります。

f:id:citizen_puzzle:20181204215102p:plain

④ 記入が終わったら、"Register" ボタンをクリックします。登録が完了すると、登録したメールアドレスに確認のメールが届きます。

3. 参加方法

大会ルール

 数独予選のUSSQはルールが特殊です。
 問題ファイルが、Part1とPart2の二つに分かれています。
 開始時刻になるとPart1のパスワードが表示されます。開始時刻から60分経過すると、Part2のパスワードが表示されます。Part2のパスワードが表示されてから90分後、合わせて150分後にコンテスト終了です。Part1の問題は、Part2のパスワードが表示された後でも解答を提出・修正することができます。
 開始から60分以内にPart1の問題に全て正答すると、Part1のタイムボーナスが与えられます。コンテスト終了までにPart2の問題に全て正答すると、Part2のタイムボーナスが与えられます。

 パズル予選のUSPCは、制限時間150分の通常のコンテストです。

 ちなみに、問題の配点の基準が独特で、全ての大会で同じ基準にそって点数がつけられています。点数は5点刻み、最低配点は5点、最高配点は30点です。5点の問題でもそこそこの難易度があり、25点、30点ともなるとある程度慣れた人でも歯が立たないレベルの重い問題になります。

大会参加

 リアルタイムでの参加方法です。手順は以下の通りです。

① 大会の開催時期が近づくと、専用のページが作成されます。過去問の閲覧方法と同じ手順で、問題とインストラクションをダウンロードしてください。
② 開始時刻や制限時間、タイムボーナスや誤答ペナルティなどの大会のルールは、右枠の "Rules" から表示可能です。ルールは毎年微妙に変わるので、チェックしておきましょう。
③ 右枠にある "Timer Window" をクリックすると、現地時刻が表示されます。また、大会開始前であれば開始時刻までのカウントダウン、大会中であれば残り時間が表示されます。タイマーが0になる前に解答を送信しましょう。
④ 解答方法ですが、右枠の "Answer Page" をクリックするとアンサーキー入力ページに移ります。(数独の場合はPart1とPart2の2ページあるので注意。)アンサーキーを入力し、画面一番下にある "Submit Answer" を入力することで解答を送信することができます。また、送信すると、 "Possible Points" の欄に点数が表示されます。これはもし正解していた場合の点数で、実現可能な最高得点を意味します。誤答のチェックがされているわけではないので、勘違いしないようにしてください。

f:id:citizen_puzzle:20181204215059p:plain

 以上の内容はPractice Testで練習可能なはずですが、筆者の環境では去年パスワードが表示されず動作しなかったため、解説は省きます。一応右枠の "Answer Page - Practice" からアンサーキー入力の練習はできます。

4. 過去問へのアクセス方法

 2010年から、問題形式が大きく変更されました。ここでは2010年以降の過去問の閲覧方法を説明します。

① まず、閲覧したい大会のページを開きます。トップページの "Competition Links" に、直近二年間のUSPC, USSQのリンクが張られています。それ以前の大会を開きたい場合は、その下の "U.S. Team Calendar and History" をクリックします。

f:id:citizen_puzzle:20181204215056p:plain

Historyのページに移ります。画面右にある "U.S. Puzzle Championship" か、"U.S. Sudoku Team Qualifying" をクリックします。

f:id:citizen_puzzle:20181204215143p:plain

③ 大会の一覧が出ますので、好きな大会をクリックします。

f:id:citizen_puzzle:20181204215139p:plain

④ 大会のページになるので、右の "Login" をクリックし、IDとパスワードを入力します。

f:id:citizen_puzzle:20181204215135p:plain

⑤ ログインに成功すると、右枠の文字のいくつかが濃い灰色の文字になり、選択できるようになります。"Download Puzzles and Instructions" をクリックします。

f:id:citizen_puzzle:20181204215132p:plain

⑥ 画面中央に、ダウンロード可能なファイルの一覧が表示されます。年度によって多少違いますが、Instructionsと書かれたファイルがインストラクションで、USPCやQualifying Testと書かれたファイルがパスワード付きの問題ファイルとなっています。大会ルールの項で説明した通り、Sudokuの問題ファイルの方はPart1とPart2の2つに分かれており、別々のパスワードがかかっています。(なお、Practice Testは動作確認用のファイルです。)

USPC:パズルの場合

f:id:citizen_puzzle:20181204215127p:plain

USSQ:数独の場合

f:id:citizen_puzzle:20181204215230p:plain

⑦ パスワードですが、右にある "Start USPC/Start Sudoku Test" をクリックすると、以下のような画面になるので、"Get password and start the USA (Sudoku)Test" をクリックすると表示されます。(数独は二つのパスワードが同時に表示されます。)

f:id:citizen_puzzle:20181204215228p:plain

⑧ 大会ごとの順位表、解答、統計データは、それぞれResults, Solutions, Statisticsをクリックすると閲覧することができます(ログインは必要ありません)

5. 文責

 panista


 → 競技パズルのすすめに戻る
 → 他のオンラインコンテストサイトの紹介記事を読む
   GP予選のすすめ
   LMIのすすめ
   LMDのすすめ
   UKSC/UKPCのすすめ
   Fed-SuDoKuのすすめ
   SudokuCupのすすめ

LMI SM 2019 Round2 インストラクション和訳

 1/11(金)~15(火)に開催されるLMI Sudoku Mahabarat 2019 Round2(Outside and Neighbours Variations) のルールを紹介していきます。LMIの登録方法等についてはLMIのすすめをご覧ください。

f:id:citizen_puzzle:20190112114508p:plain

0. 目次

1. コンテスト概要

1-1. 部門とテーマ

 今回の部門はS(数独)、テーマは "Outside and Neighbours Variations" です。盤面の外側にあるヒントを見て解く問題や、隣同士のマスの関係を見て解く問題が出題されます。

1-2. 開催期間

 日本時間1/11(金) 15:30 ~ 16(水) 5:00
 ※1/16(水)5:00まで延長になりました。

1-3. 制限時間と配点

 制限時間は90分、配点は100点満点です。完答を目指すには1.1点/分のペースで問題を解いていくことになります。ペース配分の参考にしてください。
 尚、制限時間内に全ての問題を解き終えて提出した場合、残り時間(秒)に応じて1.0点/分(=0.01666...点/秒)が加算されます。
 また、本コンテストではInstant Gradingが採用されており、解けた問題のアンサーキーを送信するとすぐに正誤が判定されますが、誤答するとその問題に関しては配点に応じたペナルティがつきます。1度誤答すると配点の90%、そこから同じ問題で誤答する度に、配点の70%、40%、0%の得点しか得られなくなります。アンサーキーの入力ミスに注意しましょう。

2. 各問題のルール

 今回出題される全7種類のルールを紹介していきます。お手元にインストラクションをご用意ください。インストラクションはコンテストページからダウンロードできます(冒頭のリンク参照)。
 括弧の中は6×6サイズの問題の場合のルールです。

2-0. 共通

<ルール>

  • 全ての行、列、太線で囲まれた3×3(2×3)のブロックに1から9(6)までの数字が1回ずつ入るようにする。

<アンサーキー>

  • 矢印のある行・列について、入った数字を左・上から順番に入力する。
2-1. Mini Classic Sudoku(1, 1, 1, 1点)
  • 共通ルールに従う。
  • 6×6サイズの問題が4問出題される。
2-2. Classic Sudoku(5, 4, 5, 6点)
  • 共通ルールに従う。
  • 9×9サイズの問題が4問出題される。
2-3. Irregular Frame Sudoku(2, 11点)
  • 全ての行、列、太線で囲まれたブロックに1から9(6)までの数字が1回ずつ入るようにする。
  • 外枠の数字は、数字から見てその行・列の最も近いブロックに入る数の和を示す。
  • 6×6サイズと9×9サイズの問題が1問ずつ出題される。

f:id:citizen_puzzle:20190112113923p:plain

2-4. Unordered Distances Sudoku(5, 12点)
  • 共通ルールに従う。
  • 外枠の◯-△:◇(◯、△、◇には数字が入る)は、その行・列に入る◯と△の間の距離が◇であることを示す。
  • 外枠のヒントから見て、◯と△がこの順番で出てくるとは限らない。
  • 6×6サイズと9×9サイズの問題が1問ずつ出題される。

f:id:citizen_puzzle:20190112000605p:plain

2-5. Outside Parity Sudoku(3, 15点)
  • 共通ルールに従う。
  • 外枠の数字は、数字から見てその行・列の最も近くの数字と偶奇の同じマスがいくつ続くかを示す。
  • 6×6サイズと9×9サイズの問題が1問ずつ出題される。

f:id:citizen_puzzle:20190112000617p:plain

2-6. Coded Pairs Sudoku(3, 12点)
  • 共通ルールに従う。
  • いくつかの連続する2マスの間にアルファベットが書かれている。この2マスをブロックとして見たときに、同じアルファベットのブロックには同じ数字のペアが入る。
  • 異なるアルファベットのブロックには異なる数字のペアが入る。
  • 6×6サイズと9×9サイズの問題が1問ずつ出題される。

f:id:citizen_puzzle:20190112000630p:plain

2-7. Fortress Sudoku(2, 11点)
  • 共通ルールに従う。
  • 灰色のマスに入る数字は、そのマスの上下左右の白マスに入る数字より大きい。
  • 隣り合う灰色のマスに入る数字同士については、大小関係の制約はない。
  • 6×6サイズと9×9サイズの問題が1問ずつ出題される。

f:id:citizen_puzzle:20190112000640p:plain

3. 競技マナーの確認

  1. 複数のアカウントを使って同一のコンテストに2回以上参加しない。
  2. コンテスト中に他人・ソルバーの力を借りて解答しない。
  3. コンテスト期間中は、自分の参加が終わっていても問題や自分の得点に関する情報を発信しない。

以上のマナーを守ってコンテストに参加しましょう。

4. おまけ:コンテストを始める前のチェックリスト

  • インストラクションを読み、全てのルールとアンサーキーの形式について理解している。
  • あらかじめ本番のファイル ("Sudoku Booklet") をダウンロードしている。
  • PCにAdobe Flash Player が入っている。
  • プリンターがちゃんと動く。
  • プリンターのインクに余裕がある。
  • 手元に十分な数の筆記用具がある。

下の3つについては確認を忘れがちですが、しくじると競技中に無駄なストレスを抱えてしまうので、しっかり環境を整えておきましょう。

5. 文責

 白岡市民 (Twitter:Whitehill9)

UKSC/UKPCのすすめ


 United Kingdom Sudoku/Puzzle Championship (UKSC/UKPC) の利用の仕方 (登録方法・参加方法等) について紹介します。
 UK Puzzle Associationリンク:http://www.ukpuzzles.org

f:id:citizen_puzzle:20181204214951p:plain

目次

1. 概要

 イギリスのパズル連盟のサイトです。年に一度、6月ごろにイギリス代表を決めるUK Puzzle/Sudoku Championshipがオンラインで開催されます。問題の傾向としては、かなり易しめの問題が大量に出題されます。ニコリ準拠のルールや、海外の定番ルールの出題がほとんどで、シンプルなコンテストです。英語ではありますが、初心者が多様なバリエーションのパズルに触れるのに適したコンテストになっています。選抜大会の他、パズルに関する大規模な掲示板が運営されており、様々なパズルに関する情報が集められていることも特徴です。

2. 登録方法

 登録をすることで、オンラインコンテストへの参加ができるようになります。また、この登録はForum(掲示板)の登録も兼ねており、Forumへの書き込みもできるようになるようです。筆者も使ったことがないため、Forumの解説は省きます。
 登録の手順は以下の通りです。

①画面上部右にある、 "login" をクリックします。

f:id:citizen_puzzle:20181204214949p:plain

② 必要事項を入力します。
③ 画面下にある、 "Register" ボタンをクリックします。

f:id:citizen_puzzle:20181204214946p:plain

掲示板の利用条項が表示されるので、 "I agree to these terms" をクリックします。

f:id:citizen_puzzle:20181204214943p:plain

⑤ 入力画面になるので、以下の通り情報を入力します。IDや氏名は大会の結果発表で表示されます。入力が終わったら、 "Submit" を押して完了です。

f:id:citizen_puzzle:20181204214939p:plain

f:id:citizen_puzzle:20181204215017p:plain

3. 参加方法および過去問へのアクセス方法

 大会に参加するには、登録が必要です。過去問の閲覧の場合、登録は不要です。手順は以下の通りです。

① トップページ上部のタブから、"Online Contests" をクリックすると、大会一覧が表示されます。

f:id:citizen_puzzle:20181204215013p:plain

② 好きな大会をクリックすると、詳細ページにうつります。UK Puzzle Championshipが、イギリスの国内予選です。
③ "Instruction Booklet" からインストラクションファイルが、"Puzzle File" からパスワード付きの問題ファイルがダウンロードできます。パスワードは "Puzzle File Password" に表示されています。(コピペする際、文字列の一番左に空白があるため、巻き込まないように注意。)大会の期間中であれば、"Answer Submission Page" の欄の "Open Page" からアンサーキー入力ページを開くことができます。大会結果は "Time until contest starts" の欄にある、"See Final Results Table" で確認することができます。

f:id:citizen_puzzle:20181204215008p:plain

4. 文責

 panista

LMI PR 2019 Round1 インストラクション和訳

 1/4(金)~8(火)に開催されるLMI Puzzle Ramayan 2019 Round1(Classics and Evergreens) のルールを紹介していきます。LMIの登録方法等についてはLMIのすすめをご覧ください。

f:id:citizen_puzzle:20190104125214p:plain

0. 目次

1. コンテスト概要

1-1. 部門とテーマ

 今回の部門はP(パズル)、テーマは "Classics and Evergreens" です。LMI以外のコンテストでもよく出る種類の問題が出題されます。

1-2. 開催期間

 日本時間1/4(金) 15:30 ~ 8(火) 15:30
 ※変更になる場合があります。

1-3. 制限時間と配点

 制限時間は90分、配点は100点満点です。完答を目指すには1.1点/分のペースで問題を解いていくことになります。ペース配分の参考にしてください。
 尚、制限時間内に全ての問題を解き終えて提出した場合、残り時間(秒)に応じて1.0点/分(=0.01666...点/秒)が加算されます。
 また、本コンテストではInstant Gradingが採用されており、解けた問題のアンサーキーを送信するとすぐに正誤が判定されますが、誤答するとその問題に関しては配点に応じたペナルティがつきます。1度誤答すると配点の90%、そこから同じ問題で誤答する度に、配点の70%、40%、0%の得点しか得られなくなります。アンサーキーの入力ミスに注意しましょう。

2. 各問題のルールとアンサーキー

 今回出題される全8種類のルールとアンサーキーを紹介していきます。お手元にインストラクションをご用意ください。インストラクションはコンテストページからダウンロードできます(冒頭のリンク参照)。

2-1. Tents(テント、ベストテントサイト)(2, 3, 7点)

<ルール>

  • 全ての木について、隣のマスに1つテントを置く。
  • テントはタテヨコナナメに接しない。
  • 外側の数字は、その列にあるテントの数を表す。

<アンサーキー>

  • すべての行について、「ヨコに最も長い、テントの無いひとつながりのマスの長さ」を上の行から順番に入力する。2桁の場合、1の位を入力する。

※木は何もないマスと考えます。前回、アンサーキーの打ち間違いが大量発生したので要注意。

f:id:citizen_puzzle:20190104130558p:plain

2-2. Hitori(ひとりにしてくれ)(2, 3, 5点)

<ルール>

  • いくつかのマスを黒マスにして、列に同じ数字が2回以上現れないようにする。
  • 黒マスはタテヨコにと隣り合わない。
  • 白マスはタテヨコひとつながりになる。

<アンサーキー>

  • 矢印のある行(列)について、ひとつながりの黒マス・白マスのヨコ(タテ)の長さを左(上)から順番に入力する。

f:id:citizen_puzzle:20190104131105p:plain

2-3. Four Winds(ウォールロジック)(2, 3, 3点)

<ルール>

  • すべてのマスが1つの数字につながるように、すべての数字からタテヨコに線を伸ばす。
  • どの線もただ1つの数字とつながり、線は交差しない。
  • 数字は、その数字から伸びる線の長さの合計を表す。

<アンサーキー>

  • 矢印のある行(列)について、最も長い線の長さを入力する。矢印の方向に線がない場合、0を入力。

f:id:citizen_puzzle:20190104131502p:plain

2-4. Eight Winds(Four Windsバリエーション)(3, 7点)

<ルール>

  • すべてのマスが1つの数字につながるように、すべての数字からタテヨコナナメに線を伸ばす。
  • どの線もただ1つの数字につながり、線は交差しない。
  • 数字は、その数字から伸びる線の長さの合計を表す。

<アンサーキー>

  • 矢印のある行(列・対角線)について、最も長い線の長さを入力する。矢印の方向に線がない場合、0を入力。

f:id:citizen_puzzle:20190104132009p:plain

2-5. Area Division(ブロック分割)(3, 3, 10点)

<ルール>

  • 点線に沿って盤面をいくつかの領域に分割する。
  • どの領域もRangeで示された文字を全て1回ずつ含む。
  • 盤面のどの文字も、ただ1つの領域に含まれる。

<アンサーキー>

  • 矢印のある行(列)について、連続して同じ領域に含まれるマスの長さを左(上)から順番に入力する。

f:id:citizen_puzzle:20190104140419p:plain

2-6. Battleships(バトルシップ)(2, 4, 8点)

<ルール>

  • 与えられた形の船を全て盤面に配置する。船は回転させてもよい。
  • 外側の数字は、その列で船が配置されたマスの数を表す。
  • 船同士はタテヨコナナメに接しない。
  • 波のあるマスには船は配置されない。

<アンサーキー>

  • すべての行について、船が配置された最も左にあるマスの列番号をアルファベットで入力する。その行に船が無い場合、Xを入力。

f:id:citizen_puzzle:20190104141647p:plain

2-7. Anglers(2, 3, 4点)

<ルール>

  • 盤面は魚のいる池を表し、外側の数字は釣り人を表す。
  • 全ての釣り人から魚に向けて線をつなぐ。どの釣り人も異なる魚とつながるようにする。
  • 数字は、その釣り人から伸びる線の長さを表す。
  • 線は交差したり重なってはいけない。

※線が引かれないマスがあってもよいルールです。普段のルールと違うので注意。

<アンサーキー>

  • 矢印のある行(列)について、線が曲がった回数を入力。

f:id:citizen_puzzle:20190104140915p:plain

2-8. Wranglers(Anglersバリエーション)(7, 14点)

<ルール>

  • 盤面は魚のいる池を表し、外側の数字は釣り人を表す。
  • 全ての釣り人から魚に向けて線をつなぐ。どの釣り人も異なる魚とつながるようにする。
  • 数字は、その釣り人から伸びる線の長さを表す。
  • 線は重なってはいけないが、自分自身や他の線と交差してもよい。交差する場所で線は直進する。
  • 全てのマスに線が引かれるようにする。

※こちらは全てのマスに線が引かれるルールです。

<アンサーキー>

  • 矢印のある行(列)について、線が曲がった回数を入力。

f:id:citizen_puzzle:20190104141223p:plain

3. 競技マナーの確認

  1. 複数のアカウントを使って同一のコンテストに2回以上参加しない。
  2. コンテスト中に他人・ソルバーの力を借りて解答しない。
  3. コンテスト期間中は、自分の参加が終わっていても問題や自分の得点に関する情報を発信しない。

以上のマナーを守ってコンテストに参加しましょう。

4. おまけ:コンテストを始める前のチェックリスト

  • インストラクションを読み、全てのルールとアンサーキーの形式について理解している。
  • あらかじめ本番のファイル ("Puzzle Booklet") をダウンロードしている。
  • PCにAdobe Flash Player が入っている。
  • プリンターがちゃんと動く。
  • プリンターのインクに余裕がある。
  • 手元に十分な数の筆記用具がある。

下の3つについては確認を忘れがちですが、しくじると競技中に無駄なストレスを抱えてしまうので、しっかり環境を整えておきましょう。

5. 文責

 panista

SudokuCupのすすめ


 SudokuCupの利用の仕方 (登録方法・参加方法等) について紹介します。
 SudokuCupリンク:http://sudokucup.com/

f:id:citizen_puzzle:20181204215708p:plain

目次

1. 概要

 チェコのKodynとBrnoが運営しているサイトです。日替わりの数独が出題されます。具体的には、易しいスタンダードナンプレ1問、易しいバラエティナンプレ1問、標準的な難易度のスタンダードナンプレ1問、標準的な難易度のバラエティナンプレ1問の計4問の数独が公開されます。問題別・難易度別のランキングで他の選手とのタイムを比較できるほか、月間ランキングも確認できます。また、過去の問題をオンラインで解くこともできます。独自のレーティングシステムで毎日レートが更新されること、誤答するとポイントが0になり即終了する点が特徴であり、ある程度の緊張感を持ってトレーニングを積みたい人にお勧めです。

2. 登録方法

 登録することで、その日の問題を解き解答タイムを登録することができます。手順は以下の通りです。

① トップページの左の方にある ”User login” の “Create new account” をクリックします。

f:id:citizen_puzzle:20181204215706p:plain

② 必要事項を入力します。

f:id:citizen_puzzle:20181204215704p:plain

 *が必須事項です。

  • ニックネーム*:ログインする時に使います。また、設定次第ではランキングにニックネームが載ります。登録後に変更することはできないのでよく考えて決めましょう。
  • メールアドレス*:新規パスワード発行時、パスワード紛失時に使います。
  • ルール、プライバシーポリシーへの同意*:リンク先を確認の上、チェックをつけましょう。
  • 名前、苗字*:チート行為防止の観点から本名登録が推奨されています。公開されません。
  • 国籍*:リストメニューから ”Japan” を選択しましょう。
  • ニックネームの公開:コンテストの結果発表に使う名前をニックネームにする場合は、チェックをつけましょう。

③ 全て入力し終えたら、 ”Create new account” をクリックします。

 以上で登録完了です。登録後は、トップページの ”User login” に先ほど登録したニックネームと指定のメールアドレスに届いたパスワードを入力することでログインすることができます。

3. 参加方法

 “Daily league” メニューから、全ての日替わり問題を解くことができます。手順は以下の通りです。

① トップページの左の方にある “Daily league” をクリックします。
② スタンダードナンプレを解きたい場合は “Classic sudoku” を、バラエティナンプレを解きたい場合は “Sudoku variants” をクリックします。
 “Sudoku variants” の場合、下の方にその日に出題されるバラエティナンプレの種類とルールが記載されています。
③ 真ん中あたりのタブをクリックして難易度を切り替えます。
④ 問題を解くにあたり、固定ウィンドウと、開いた後にサイズを変えられる(resizable)ウィンドウのどちらかを選ぶことができます。好きな方をクリックします。

Classic sudoku の画面

f:id:citizen_puzzle:20181204215701p:plain

Sudoku variantsの画面

f:id:citizen_puzzle:20181204215658p:plain

⑤ 問題のウィンドウが開くので、解きたい問題をクリックします。問題が表示され、解答が始まります。

f:id:citizen_puzzle:20181204215736p:plain

⑥ 自身の解答の有無に関わらず、参加者全員の問題ごとの順位表とタイムを確認することができます。トップページからログインし、その後の画面でどちらかの “TOP 10 players” をクリックします。

f:id:citizen_puzzle:20181204215734p:plain

 確認できる結果は以下の通りです。

  • 設定タブ(外側)

    • Daily:一日単位の結果を表示します。
    • Monthly:月単位の結果を表示します。
    • Profile:自分の月単位の結果を表示します。
  • 問題の種類タブ(内側)

    • Classic, Variants:標準難易度の問題のそれぞれの順位表とタイムを表示します。
    • Overall:標準難易度の2つの問題の結果を合計した順位表とタイムを表示します。
    • Easy Classic, Easy Variants:易しい問題のそれぞれの順位表とタイムを表示します。
    • Easy Overall:易しい2つの問題の結果を合計した順位表とタイムを表示します。

f:id:citizen_puzzle:20181204215731p:plain

4. 過去問へのアクセス方法

 このサイトでは、過去に公開された標準難易度の問題をオンラインで解くことができます。手順は以下の通りです。

① トップページの “Daily league” をクリックします。
② “Archive” をクリックします。
③ いつどんなバラエティ問題が出題されたかの一覧が表示されます。解きたい問題の日付を指定し、 “Select” ボタンをクリックします。

f:id:citizen_puzzle:20181204215729p:plain

④ バラエティ問題のルールを確認した上で、 ”Daily league” に参加するとき同様、好きなウィンドウを開きます。
⑤ Daily leagueに参加する時同様に、問題を選択して解答を開始します。

f:id:citizen_puzzle:20181204215726p:plain

5. 文責

 白岡市民 (Twitter:Whitehill9)

Fed-SuDoKuのすすめ


 Fed-SuDoKuの利用の仕方 (登録方法・参加方法等) について紹介します。
 Fed-SuDoKuリンク:http://www.fed-sudoku.eu/

f:id:citizen_puzzle:20181204215326p:plain

目次

1. 概要

 スロバキアのAnkoraとThanykが運営しているサイトです。日替わり・週替わりの数独が出題されます。日別・問題別のランキングで他の選手とのタイムを比較できるほか、週間・月間・年間ランキングも確認できます。また、過去の問題にアクセスすることもできます。毎日、難易度の異なるスタンダードナンプレ3問、不連続ナンプレ1問、バラエティナンプレ1問の計5問の数独が公開されるため、日々コツコツ練習したい人におすすめのサイトです。

2. 準備

 冒頭のアドレスにアクセスするとスロバキア語のページが出てきますが、トップページの右上の方にある “English version” をクリックすることで英語版のページに飛ぶことができます。以下、英語版のページを使って説明します。

3. 登録方法

 登録することで、ランキング期間中の問題を解きその解答タイムを登録することができます。手順は以下の通りです。

① トップページの左の方にある "Registration" をクリックします。

f:id:citizen_puzzle:20181204215320p:plain

② 登録用のウィンドウが開くので、必要事項を入力します。

f:id:citizen_puzzle:20181204215318p:plain

  • ニックネーム:ログインする時に使います。また、ランキングにはこのニックネームが記載されます。登録後に変更することはできないのでよく考えて決めましょう。
  • メールアドレス:新規パスワード発行時、パスワード紛失時に使います。
  • 性別:M/Mが男性でZ/Fが女性です。ランキングから飛べる個人ページ(公開)に記載されます。

③ 全て入力し終えたら、 ”OK” をクリックします。

 以上で登録完了です。登録後は、先ほど登録したニックネームと指定のメールアドレスに届いたパスワードを入力することでログインすることができます。

4. 参加方法

更新時間について

 問題の更新は、スロバキア標準時で日付が変わったときに行なわれています。日本時間では午前8時です (サマータイム時は午前7時) 。

Daily Sudoku

 “Daily Sudoku” メニューからは、日替わり問題と週替わりのバラエティ問題各種を解くことができます。手順は以下の通りです。

① 画面の真ん中の上の方にある “Daily Sudoku” にカーソルを合わせます。
② 下に、これから開かれる問題ウィンドウの大きさの選択肢が出てきます。好きなものにカーソルを合わせてクリックしましょう。

f:id:citizen_puzzle:20181204215315p:plain

③ ウィンドウの大きさに関わらず、ログイン画面が出てきます。ニックネームとパスワードを入力してログインします。

f:id:citizen_puzzle:20181204215312p:plain

④ ログイン後の画面から、解きたい問題を選ぶことができます。
 日替わり問題は “Easy“ “Medium” “Hard” (9×9のスタンダードナンプレ)と “Nonconsecutive” (不連続ナンプレ) の4問です。これらはクリックするとすぐに解答が始まります。
 週替わり問題は “Alternatives” をクリックすることで問題一覧に飛ぶことができます。

f:id:citizen_puzzle:20181204215522p:plain

⑤ (週替わり問題の場合) 先ほどの画面で “Alternatives” をクリックすると次の画面が出てきます。ここでは週替わり問題10問を解くことができます。種類は週によらず固定です。問題の種類をクリックすると解答が始まります。

f:id:citizen_puzzle:20181204215517p:plain

 各バラエティの日本語訳は以下の通りです。

 尚、各問題にカーソルを合わせると詳しいルールが下の方に表示されます。初めて見る問題については確認しておきましょう。

⑥ 自身の解答の有無に関わらず、参加者全員の問題ごとの順位表とタイムを確認することができます。“Classic” か “Alternatives” の下にある各項目をクリックします。

f:id:citizen_puzzle:20181204215510p:plain

 各項目で確認できるものは以下の通りです。

  • Classic

    • “Easy” “Medium” “Hard” “Nonconsecutive”
      各問題の順位表です。デフォルトはその日の問題の順位表ですが、日付を変えることで過去のものを閲覧することもできます。
    • Sudoku-triathlon”
      スタンダードナンプレ(”Easy” “Medium” “Hard” の3つ)のタイムを合計した順位表です。同上。
    • “By name”
      特定の参加者の日替わり問題の順位とタイムを月単位で確認することができます。同上。
    • “Year results”
      日替わり問題別に年間ランキングを確認することができます。同上。
    • “Statistics”
      特定の参加者のベストタイム・順位や参加者間の比較などを行うことができます。
    • “Hall of fame”:日替わり問題別の月間首位者が載っています。
  • Alternatives

    • “Results”
      各問題の順位表です。デフォルトはその日の問題の順位表ですが、日付を変えることで過去のものを閲覧することもできます。
    • “By name”
      特定の参加者の週替わり問題の順位とタイムを月単位で確認することができます。同上。
    • “Weekly results”
      全ての週替わり問題のタイムを合計した順位表です。同上。
    • “Quarterly results”
      週替わり問題別に四半期ランキングを確認することができます。同上。
    • “Statistics”
      特定の参加者のベストタイム・順位や参加者間の比較などを行うことができます。
    • “Hall of fame”
      週替わり問題別の月間首位者が載っています。

Krtek's Cup

 Krtek’s Cupとは、あるテーマに沿って毎日1問ずつ出題される問題を解く8日完結のコンテストのことです。1つのコンテストが終わると、次の日からまた新しいコンテストが始まります。
 Krtek’s Cupには、 “Krtek’s Cup” メニューから参加することができます。手順は以下の通りです。

① 真ん中の上の方にある “Krtek’s Cup” にカーソルを合わせます。
② 下に、これから開かれる問題ウィンドウの大きさの選択肢が出てきます。好きなものにカーソルを合わせてクリックしましょう。

f:id:citizen_puzzle:20181204215505p:plain

③ ウィンドウの大きさに関わらず、ログイン画面が出てきます。ニックネームとパスワードを入力してログインします。

f:id:citizen_puzzle:20181204215500p:plain

④ ログイン後の画面から、問題を解きたいコンテストをクリックします。コンテストの下に書かれている日付はコンテストの開催期間です。右下にあるものが現在開催期間中のコンテストで、それ以外は過去のコンテストとなっています。

f:id:citizen_puzzle:20181204215601p:plain

⑤ 解きたい問題をクリックします。コンテスト期間中の8日間は毎日問題が一問ずつ増えていきます。コンテストの問題のルールは下の方に表示されます。問題によってルールが違う場合は、それぞれの問題にカーソルを合わせるとルールが表示されます。

f:id:citizen_puzzle:20181204215557p:plain

⑥ 自身の解答の有無に関わらず、参加者全員の問題ごとの順位表とタイムを確認することができます。“Krtek’s Cup” の下にある各項目をクリックします。

f:id:citizen_puzzle:20181204215553p:plain

 各項目で確認できるものは以下の通りです。

  • “Results”
    コンテストの問題ごと・総合の順位表です。デフォルトはその日の問題が属するコンテストの順位表ですが、日付を変えることで過去のものを閲覧することもできます。
  • “By name”
    特定の参加者の全コンテストの順位とタイムを確認することができます。
  • “Results of round”
    コンテストごとの総合順位とタイムを確認することができます。日付を変えることで過去のものを閲覧することもできます。
  • “Hall of fame”
    全コンテストの首位者が載っています。
  • “Games played”
    コンテストに参加した数の順位表です。

5. 過去問へのアクセス方法

 “Sudoku-Archive“ メニューから過去問を閲覧できます。閲覧は、普段のDaily Sudokuなどと同様にオンラインで解く形式、印刷可能なファイルをダウンロードする形式の2つから選ぶことができます。手順は以下の通りです。

① 真ん中の上の方にある “Sudoku-Archive” にカーソルを合わせます。
② 閲覧したい問題をクリックします。 “resizable” の下の “classic” “alternatives” はオンラインで解く形式のものです。 “PRINTABLE” の下の “Classic” “Krtek’s cup” は印刷して解く形式のものです。

f:id:citizen_puzzle:20181204215548p:plain

 閲覧したい問題の種類ごとのアクセス方法をまとめると以下のようになります。

  • Classic(Nonconsecutiveを含む)
    オンラインで解きたい場合は ”resizable” の “classic” からアクセス、印刷したい場合は “PRINTABLE” の “Classic” からアクセス
  • Alternatives
    オンラインのみ可能。 “resizable” の ”alternatives” からアクセス
  • Krtek’s cup
    オンラインで解きたい場合は<Krtek’s Cup>手順④からアクセス、印刷したい場合は ”PRINTABLE” の “Krtek’s cup”(但し、印刷可能なのは2009年9月~2010年11月の分まで)

6. 文責

 白岡市民 (Twitter:Whitehill9)

GP予選のすすめ


 WPF SUDOKU/PUZZLE GRAND PRIX (SGP/PGP) の利用の仕方 (登録方法・参加方法等) について紹介します。
 GP予選リンク:http://gp.worldpuzzle.org/

f:id:citizen_puzzle:20181204220015p:plain

目次

1. 概要

 WPF(世界パズル連盟)が運営しているコンテストサイトです。S(数独)とP(パズル)の2部門があります。1月~8月にオンラインの予選が月一回行われ、各部門の上位10名が世界大会の会場に招待されて決勝を戦います。600人を超える(2018年)世界中の競技パズラーが参加し、年間のWPFランキングも出るため、世界における自分の立ち位置を知る上で重要な大会です。また、2014年以降の過去問も公開されており、各国のパズラーが作った良質な問題に触れることができます。

2. 登録方法

 登録することで両部門のオンライン予選に参加することができます。手順は以下の通りです。  

① トップページの左の方にある ”User login” の “Create new account” をクリックします。

f:id:citizen_puzzle:20181204220013p:plain

② 必要事項を入力します。

f:id:citizen_puzzle:20181204220011p:plain

*が必須事項です。

  • ニックネーム*:ログインする時に使います。また、設定次第ではコンテストの結果発表で名前の隣にニックネームが載ります。登録後に変更することはできないのでよく考えて決めましょう。
  • メールアドレス*:パスワード紛失時や決勝の招待時に使います。
  • 名前、苗字*:コンテストの結果発表で使用される名前です。オンラインで公開されてしまいますが、チート行為防止の観点から本名登録が推奨されています。
  • 国籍*:リストメニューから ”Japan” を選択しましょう。
  • ニックネーム非公開:コンテストの結果発表でニックネームを公開したくない場合は、チェックをつけましょう。
  • プライバシーポリシーへの同意*: “General Terms and Conditions” のリンク先を確認の上、チェックをつけましょう。

③ 全て入力し終えたら、 ”Create new account” をクリックします。

 以上で登録完了です。登録後は、トップページの “User login” 枠内に先ほど登録したニックネームとパスワードを入力することでログインすることができます。

3. 参加方法

3-1. 年間スケジュールの確認

 年が明けると、S部門とP部門の両方の予選のスケジュールが発表されます。スケジュールは、トップページの左の方にある “Sudoku GP” と “Puzzle GP” をクリックすることでそれぞれ確認することができます。
 下の画像はSudoku GP 2018のスケジュールの例です。

f:id:citizen_puzzle:20181204220007p:plain

3-2. 大会ルールの確認

 トップページの左の方にある “Rules” から、それぞれの部門のコンテストに関するルールを確認することができます。特にPの方はルールが毎年大きく変わるので把握しておきましょう。

f:id:citizen_puzzle:20181204220004p:plain

 ルールは、主に以下の項目で構成されています。

  • 参加資格
  • コンテスト中に使用が許可されているもの・禁止されているもの
  • コンテストの方式
  • 結果
  • 得点の計算方法
  • ランキング
  • ジャッジ
  • 決勝

 ここでは、比較的重要な「使用が許可されているもの・禁止されているもの」「コンテストの方式」の2018年の例を紹介します。

  • 使用が許可されているもの・禁止されているもの

    • 使用が許可されているもの
      • 辞書(インストラクションやルールの翻訳目的に限る)
    • 常に使用が禁止されているもの
    • 特定のパズルを除き使用が禁止されているもの
      • ハサミ
      • テープ
      • コンパス
      • 定規
  • コンテストの方式

    • 媒体
      • 公開されるpdfを印刷して解く
    • コンテスト開催期間
      • オープン:各コンテスト初日(金)の12:00:00(GMT + 1時間)
        → 日本時間:初日(金)の20:00:00
      • クローズ:各コンテスト最終日(月)の23:59:59(GMT + 1時間)
        → 日本時間:最終日翌日(火)の7:59:59
    • コンテスト時間
      • 90分
    • 予選のラウンド数
      • 8回

3-3. インストラクションの確認

 各コンテストの一週間程度前に、出題される問題の種類・配点・例題・解答方法をまとめたインストラクションが公開されます。インストラクションは以下の手順で入手することができます。

① トップページの左の方にある “Sudoku GP” (Pの場合は “Puzzle GP”) をクリックします。
② “Sudoku GP” の下に出てきた “Instruction Booklet” をクリックします。
③ “Sudoku Booklet” をクリックし、ダウンロードします。

f:id:citizen_puzzle:20181204220048p:plain

 インストラクションをダウンロードすることができたら、中身の確認をします。
 下の画像はSudoku GP Round8 Instruction Bookletの例です。

f:id:citizen_puzzle:20181204220042p:plain

 インストラクションの2ページ目に、出題される問題の種類と難易度に応じた配点が書いてあります(①)。また、3ページ目以降に各問題のルール・例題・アンサーキーが記載されています。
 コンテストの時間は限られています。事前にインストラクションを読んで、問題のルールを把握し、どの順番でどの問題を解くかといった作戦を立てておきましょう。

3-4. コンテスト参加

 コンテスト開催期間に入ったら、開催期間が終了するまでの約3日間のうち好きな時間にコンテストに参加することができます。参加方法は以下の通りです。

① トップページの左の方にある “Sudoku GP” (Pの場合は “Puzzle GP”) をクリックします。
② “Sudoku GP” (“Puzzle GP”) の下に出てきた “Competition Puzzles” をクリックします。
③ 画面の真ん中あたりにある “Competition puzzles” をダウンロードしておきます。このファイルには鍵がかかっていますが、コンテスト開始と共に公開されるパスワードを使うことで中身を見ることができます。

f:id:citizen_puzzle:20181204220037p:plain

④ コンテスト開催期間には、 “Competition Puzzles” の下に “Password” と “Answering Form” というリンクが出現します。まず、コンテストを開始するために “Password” をクリックします。
⑤ 画面の真ん中あたりにコンテストを開始する旨のチェックボックスが現れるので、チェックを入れ、真下のボックスをクリックします。
⑥ 画面にパスワードが表示されたらコンテスト開始です。パスワードをコピーします。
⑦ 3でダウンロードしたファイルを開き、パスワードをペーストしてEnterを押します。これにより、コンテストの問題を閲覧することができます。
⑧ 次に、“Answering Form” をクリックします。コンテスト終了までの残り時間と各問題のアンサーキーの入力フォームが表示されています。
⑨ 問題を印刷し、解答を開始します。問題が解けたらアンサーキーを所定の場所に入力し、 “Submit” ボタンで提出しましょう。コンテスト中は何度でも解答を提出できますが、残り時間が0:00:00になると提出できません。時間切れになると画面に “Time is over !”という文が表示されます。

3-5. 結果の確認

 各コンテストの結果はコンテスト期間終了から数日以内に発表されます。結果発表には、 “My solution” と “Preliminary results” の2種類があります。いずれも、”Sudoku GP” “Puzzle GP” クリック後に下に出てくるリンクから確認できます。“My solution” では自分の提出内容と得点の詳細、“Preliminary results”では参加者全員の得点と順位が見られます。万が一採点結果に間違いがあった場合は、早急に運営(info[at]worldpuzzle.org)に連絡しましょう。

4. 過去問へのアクセス方法

 このサイトでは、過去に開催されたオンライン予選・世界大会開催期間に現地で行われるオンサイトの決勝の全ての問題をダウンロードすることができます。手順は以下の通りです。

① トップページの左の方にある “Archive” をクリックします。
② “Archive” の下に “Sudoku” と ”Puzzle” が出てくるので、過去問を見たい方をクリックします。
③ コンテストの開催された年をクリックします。
コンテストの名前をクリックします。 ”Finals” をクリックするとその年の決勝問題を見ることができます。
④ “Instruction Booklet” からはインストラクションを、 “Competition Puzzles” からは問題を、 “Official results” からは当時の結果を確認することができます。

f:id:citizen_puzzle:20181204220034p:plain

 尚、Puzzleの2016年と2017年に関しては1ラウンドにつき問題セットが数種類あります。
 2016年の過去問には "Competitive Section" と "Casual Section" の2種類があります。"Competitive Section" は 競技パズルの定番問題セット、 "Casual Section" は法則パズルなど一見ペンシルパズルっぽくない独特な問題セットです。
 2017年の過去問には "Division A" "Division B" "Division C" の3種類があります。"Division A" は難易度の高い定番問題セット、 "Division B" は中級レベルの定番問題セット、 "Division C" はCasual色の強い問題セットです。

5. 文責

 白岡市民 (Twitter:Whitehill9)